Java Javaの型、変数、定数

【Java】javaのinteger型とlong型とbigdecimal型の相互の変換方法を解説!

JavaのInteger、Long、BigDecimal変換の完全ガイド!

はじめに

Javaプログラミングを行う中で、数値型の変換はよく行われる操作の一つです。

今回の記事では、「Integer」と「Long」、さらには「BigDecimal」との変換方法について詳しく解説していきます。

サルモリ
そうだね、データ変換は頻繁にやるけど、ちゃんと理解してやる必要があるよね!

 IntegerとLongの変換方法

Javaにおける「Integer」と「Long」の変換は、非常にシンプルです。

基本的な変換手法を以下に示します。

step
1
IntegerからLongへの変換

ソースコード例

 出力結果
123 

step
2
LongからIntegerへの変換

ソースコード例

 出力結果
123 
サルモリ
こういう基本的な変換、いつも使ってるけど改めて見ると新鮮だね!

IntegerとBigDecimalの変換

「BigDecimal」は、浮動小数点数を精度良く扱うためのクラスです。

「Integer」との変換も時々必要になるので、その方法を以下で解説します。

step
3
IntegerからBigDecimalへの変換

ソースコード例

 出力結果
123 

step
4
BigDecimalからIntegerへの変換

ソースコード例

 出力結果
123 
サルモリ
BigDecimal、金額計算とかで使うけど、Integerとの変換も大切だよね。

 

longとBigDecimalの変換方法

JavaでlongとBigDecimalの変換を行う際の手順と注意点について説明します。

longとBigDecimal間での変換は数値計算で一般的に行われるため、正確に理解しておくことが重要です。

サルモリ
変換するときはどうすればいいのかな?

longからBigDecimalへの変換

long型からBigDecimalへの変換は非常に簡単で、以下のようにBigDecimalのコンストラクタを使用します。

ソースコード例

 出力結果 123456789 
サルモリ
簡単に変換できるんだね!

BigDecimalからlongへの変換

BigDecimalからlongへの変換はlongValue()メソッドを使用します。

ただし、BigDecimalが表現できる範囲がlongよりも広いため、変換時に数値が切り捨てられる可能性があることに注意が必要です。

ソースコード例

 出力結果 出力結果は変換によって異なる 
サルモリ
変換する前に数値の範囲を確認する必要があるのか。覚えておかなきゃ!

重要な注意点

変換を行う際、データの範囲や精度が失われる可能性があることを念頭に置く必要があります。

特に大きな数値や小数を扱う場合、変換後の数値が期待したものであるかを確認することが重要です。

ポイント

データ型変換時には、データの範囲や精度を確認し、変換が適切に行われているかをチェックしましょう。

サルモリ
確かに、無意識に変換するとトラブルの元だよね。変換の前後でデータが正確か確認するの大事!

まとめ

今回の記事では、JavaにおけるInteger、Long、BigDecimalの変換方法を詳しく学びました。

これらの変換は日常的なプログラミングの中で頻繁に使用されるものですが、データの範囲や精度を考慮しながら適切に変換を行うことが求められます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-Java, Javaの型、変数、定数

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock