配列の使い方まとめ

【java】配列に要素を動的に追加する方法 ArrayListを使用してください!

Javaの配列とその拡張性

Javaで配列を扱う際、初期化時にサイズを固定する必要がありますが、動的に要素を追加する方法もあります。

この記事では、Javaで配列に動的に要素を追加する方法をいくつか紹介します。

Java配列の基本と限界

Javaでの配列は、宣言時にサイズを指定する必要があり、後からサイズを変更することはできません。しかし、ArrayListなどのコレクションを使用することで、動的な追加が可能になります。

ArrayListを使った動的追加

ArrayListはサイズが動的に変更可能な配列のように機能し、要素の追加や削除が容易です。

ソースコード例(ArrayList)



 出力結果
配列の要素:[1, 2, 3]

Arraysクラスを使用した方法

ArraysクラスのcopyOfメソッドを使用して、配列のサイズを拡張することができます。

ソースコード例(Arraysクラス)



 出力結果
拡張後の配列:[1, 2, 3, 4, 5]

カスタムメソッドによる配列の拡張

独自のメソッドを定義して、配列に要素を追加することもできます。

ソースコード例(カスタムメソッド)



 出力結果
要素追加後の配列:[1, 2, 3, 4]

要素を動的に追加する方法

Javaで配列に要素を動的に追加する方法は、配列の性質を理解して適切に利用することが重要です。

サルモリ
サルモリさん「Javaの配列は固定サイズだけど、いろんなテクニックで柔軟に対応できるんだよ!」

まとめ:Javaでの動的な配列操作の重要性

これらのテクニックを理解し適用することで、より柔軟なプログラミングが可能になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。Javaにおける配列の動的操作に関する知識が少しでもお役に立てたなら幸いです。

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-配列の使い方まとめ

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock