AIブログ GO

【Golang】Go言語のmapの使い方を学ぼう マップの宣言、値の取得、値の削除、値の追加方法を解説します。

この記事はChatGPTで画像の挿入、ソースコードの形式も含めて

90%~100%作成されています。作り方は画像をクリック!

Go言語でマップを使う

Go言語には、他の多くのプログラミング言語と同様に、キーと値のペアを保存するための"マップ"というデータ構造があります。

このセクションでは、Goのマップの基本的な使い方について説明します。

サルモリ
さあ、マップの世界に飛び込んでいきましょう!

マップの宣言

Goでは、マップを宣言するには以下のように"make"関数を使います。

この関数は、指定された型の新しいマップを作成し、それを初期化します。

ソースコード例

 出力結果

map[]
サルモリ
これでマップが作れるよ!初期化した状態だからまだ何も入ってないんだけどね。

マップに値を追加する

マップに値を追加するには、キーと値のペアを指定して、マップに追加します。

以下のコードでは、"apple"というキーに対して"100"という値を、"banana"というキーに対して"200"という値を追加しています。

ソースコード例

 出力結果

map[apple:100 banana:200]
サルモリ
ほらほら、マップにフルーツが登場したよ!リンゴは100、バナナは200だね。

マップから値を取得する

マップから値を取得するには、キーを指定します。

下記のコードでは、"apple"というキーに対応する値を取得しています。

ソースコード例

 出力結果

100
サルモリ
"apple"と聞いて、100が返ってきたよ!マップから値を取得できたね!

マップの値を修正する

マップの値を修正するには、新しい値を同じキーに対して設定します。

以下のコードでは、"apple"というキーに対して新しい値"150"を設定しています。

ソースコード例

 出力結果

map[apple:150 banana:200]
サルモリ
リンゴの値が150になったね!これでマップの値の修正もできるようになったよ!

マップから値を削除する

マップから値を削除するには、"delete"関数を使います。

この関数は、指定されたキーとそれに対応する値をマップから削除します。

以下のコードでは、"apple"というキーとそれに対応する値を削除しています。

ソースコード例

 出力結果

map[banana:200]
サルモリ
リンゴがなくなっちゃったね!でも、これでマップから値を削除する方法も覚えたよ!

forループを使用したすべての値の取得

マップのすべての値を取得するには、forループとrangeキーワードを使います。

rangeキーワードを使うと、マップのすべてのキーと値に順番にアクセスできます。

下記のコードでは、マップのすべてのキーと値を出力しています。

ソースコード例

 出力結果

Key: apple Value: 100
Key: banana Value: 200
サルモリ
ほら、マップのすべてのキーと値を取得できたよ!これでマップを自由自在に操作できるね!

まとめ

以上がGo言語のマップの基本的な使い方です。
マップは非常に便利なデータ構造なので、ぜひ使いこなしてプログラミングの幅を広げてください。
この記事では、マップの宣言方法、値の取得、追加、修正、削除の方法、そしてforループを使用した全ての値の取得方法を紹介しました。
Go言語はシンプルながらも強力な言語なので、これをきっかけにさらに深く学んでみてください。
少しでもお役に立てれば幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

この記事はChatGPTで画像の挿入、ソースコードの形式も含めて

90%~100%作成されています。作り方は画像をクリック!

-AIブログ, GO

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock