C#のメソッド、プロパティ一覧

【C# sharp】ToUpperメソッドの使い方 文字列を大文字にするメソッドです。

はじめに

こんにちは、今日はC#のString型のToUpperメソッドについて学びましょう。

このメソッドは、文字列のすべての文字を大文字に変換するためのものです。非常に便利なメソッドなので、ぜひ理解して使いこなしましょう。

サルモリ
"それでは、まずは基本的な使用方法から見ていきましょう!"

基本的な使用方法

ToUpperメソッドは非常にシンプルで、文字列変数の後に".ToUpper()"を付けるだけで使うことができます。

次に基本的なコードを見てみましょう。

ソースコード例

 出力結果
HELLO WORLD!
サルモリ
"簡単ですよね?小文字が大文字に変換されているのがわかりますか?"

文字列内の一部だけを大文字にする

すべての文字を大文字にするだけでなく、文字列内の一部だけを大文字にすることも可能です。

以下の例では、部分文字列を取り出して大文字にしています。

ソースコード例

 出力結果
HELLO
サルモリ
"部分文字列を大文字にすることも可能なんですよ!"

ToUpperメソッドの注意点

ToUpperメソッドは非常に便利ですが、一部注意点があります。それは、このメソッドは新しい文字列を生成し、元の文字列を変更しないということです。

このため、大文字に変換した結果を保存したい場合は、結果を再度変数に代入する必要があります。

ソースコード例

 出力結果
HELLO WORLD!
サルモリ
"変換結果を保存するには、再度変数に代入することを忘れないでくださいね!"

ToUpperInvariantメソッド

また、特定の文化圏に依存せずに文字列を大文字に変換する場合は、ToUpperInvariantメソッドを使うことができます。

これは、特定の言語やロケールで文字列を処理する際に便利なメソッドです。

ソースコード例

 出力結果
HELLO WORLD!
サルモリ
"特定のロケールに依存せずに大文字変換を行いたい場合は、このToUpperInvariantメソッドを使うといいですよ!"

まとめ

C#のToUpperメソッドについて解説しました。このメソッドを使うと、文字列を簡単に大文字に変換することができます。

しかし、変換後の文字列を保存したい場合は、再度変数に代入することを忘れないでください。そして、文化圏に依存しない大文字への変換が必要な場合は、ToUpperInvariantメソッドを利用すると良いでしょう。

C#には他にも様々な文字列操作のメソッドがあります。これらを組み合わせて使うことで、更に柔軟なプログラミングが可能となります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-C#のメソッド、プロパティ一覧

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock