VBLinq

Visual Basic VBのLinqの使い方(メソッド構文)を解説。CountメソッドとSequenceEqualメソッドとFirstOrDefaultメソッドの使い方を解説します。

今回のテーマ

こんばんは、かっぱちゃんです。

C#のLinqの記事をVB版にしています。

今回は下記の記事の続きです。

CHECK

Visual Basic VBのLinqの使い方(メソッド構文)を解説。AverageメソッドとMaxメソッドとMinメソッドとSumメソッドの使い方を解説します。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 LinqのAvarage、Max、Min、Sumについて2.1 Avarage2.2 Max2.3 Min2.4 Sum3 Linqメソッドの解説の流れ ...

続きを見る

今回のテーマ

Linqのメソッド、CountとSequenceEqualとFirstOrDefaultメソッドついて解説します。

今回は上記の3つのメソッドについて解説します。

今回も張り切っていくかっぱ!
KappaChan

LinqのCount、SequenceEqual、FirstOrDefaultについて

Count

要素の数を返します。

SequenceEqual

二つの要素が全て一致している場合、trueを返します。一致していない場合、falseを返します。

FirstOrDefault

条件に一致する最初の要素を取得します。

KappaChan
今回も1つずつ解説していくかっぱ!

C#のエンジニアであれば、絶対買ってほしい本2選

C#の初心者にオススメ!基本はこの本で抑えよう!


Linqの使い方が沢山載っている。中級者以上の方にオススメ!

Linqメソッドの解説の流れ

下記の流れで説明したいと思います。

行いたい処理の例を書きます。

Linqを使用しない書き方と使用する書き方のソースコードを書いていきます。

ソースコードには、配列を使います。

Countの使い方

Countの使い方について、例を書いていきます。

まずはCountの使い方を解説するかっぱ!!
KappaChan

行いたい処理

2の個数を出力する。

Linqを使用しない例

 result
3

繰り返し文で2の数をカウントを行います。

続けてLinqを使用した例です。

Linqを使用する例

 result
3

今回の例も一行で完成です。

因みに下記のように指定すると、

値は7が返ります。全要素の数を求めたい場合は、何も指定する必要はありません。

SequenceEqual

続けてSequenceEqualの使い方の例を見てみましょう。

行いたい処理

二つの配列の要素が全て一致していたら、「全て一致しています」と出力したい。

Linqを使用しない例

 result
全て一致しています

配列が全て一致しているか判定する処理を書きました。

結構長くなってしまいますね。

次はLinqを使った例をみてみましょう。

Linqを使用する例

 result
全て一致しています

この処理も一行で実現できます。

SequenceEqualは他と比べて覚えにくいかもしれませんが、覚えておくとかなり便利な時があります。

KappaChan
是非覚えてほしいかっぱ!

FirstOrDefaultの使い方

次はFirstOrDefaultです。

行いたい処理

文字列の長さが3の最初の要素を取り出したい。

Linqを使用しない例

 result
cat

文字列が3のcatを取り出しました。続けて、Linqを使ってみましょう。

Linqを使用する例

 result
cat

簡単に実装できますね。

ポイント

Linqのメソッドの中には、Firstメソッドも存在します。しかし、Firstの場合は、値が見つからない場合、InvalidOperationException例外が発生します。

FirstOrDefaultであれば、値が見つからない場合、nullを返してくれるので、基本的にこちらのメソッドを使うようにしましょう。

後ろから検索するLastOrDefaultも一緒に覚えましょう。

今回の例では、下記のように指定すると結果はfoxが返ります。

 result
fox

まとめ

今回もLinqメソッドの紹介記事でした。今回の取り上げたメソッドを下記に纏めます。

今回のメソッド一覧

  • Count
  • SequenceEqual
  • FirstOrDefault
  • LastOrDefault

 

今回紹介したメソッドも使う頻度が高いので、この機会に覚えましょう。

最後まで見て頂きありがとうございました。

KappaChan
最後まで見てくれてありがとうかっぱ!

次回の記事はこちら

CHECK

Visual Basic VBのLinqの使い方(メソッド構文)を解説。TakeメソッドとSkipメソッドとTakeWhileメソッドとSkipWhileメソッドの使い方を解説します。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 Take、Skip、TakeWhile、SkipWhileについて2.1 Take2.2 Skip2.3 TakeWhile2.4 SkipWhile3 ...

続きを見る

プログラミング能力を上げたい方は是非オンラインのプログラミング教室も検討してみてくださいね!!

一人で独学をするよりもプロからオンラインでプログラミングを教えてもらった方が10倍は効率いいです!!

私が厳選したオススメのオンライン教室を貼っておきます!!どちら共、エンジニアとしての就職までサポートしてくれる素晴らしい教室です。キャリアなどの個別相談は無料ですよ!!

申し込みは完全無料!未経験でITエンジニアを目指したい方にオススメ!

Webエンジニアになりたい方にオススメ!個別相談は無料!

KappaChan
オンラインのプログラミング教室は本当にオススメかっぱ!!

-VBLinq

X