自動化

Microsoft Edgeを自動化してみよう1

まえがき

はじめまして、かっぱちゃんです!

これからC#のSeleniumの使い方について解説していくのでよろしくお願いします。

今回の記事のテーマは下記です。

今日のテーマ

Microsoft Edgeの操作を自動化してみよう。ブラウザを立ち上げて、検索を出来る所まで実装してみよう。

C#で早速Webを立ち上げてみよう!!
KappaChan

注意

visual studioは各自ダウンロードをお願いします。かっぱちゃんのは、visual studio 2019です。

自動化の関連記事はこちら

Seleniumの準備

Visual studioを立ち上げたら、プロジェクトのNuGetパッケージの管理を開きましょう。

続けて、Selenium.Edgeを検索し、下記の2つをインストールしよう。

  • Selenium.WebDriver.MicrosoftDriver
  • Selenium.Edge.SeleniumTools

ブラウザの表示の仕方

下記のコードを記述してみてください。

注意

@"C:\Users\miyam\Downloads\edgedriver_win64"については、msedgedriver.exeが置いてあるパスを選択しましょう。

 

上記のコードを実行すると、Googleが立ち上がります。Navigate().GoToUrlを使用して、URLを指定しよう。

 

KappaChan
googleが立ち上がったね!!

自動化の関連記事はこちら

googleでの検索方法

続けて、下記のコードを実行してみよう。

上記のコードを入力すると自動的にテキストボックスに入力し、画面が遷移したと思います。

KappaChan
yahooを検索できたね!

 

 

まとめ

これでSeleniumの基本的な使い方は終わりです。結構簡単に実装できるので、ぜひ覚えてくださいね!

次の記事ではhtmlの属性の探し方などを記事にしたいと思います。

KappaChan
今回はここまでかっぱ!

続きの記事はこちらです。

CHECK

Microsoft Edgeを自動化してみよう2

まえがきContents1 まえがき2 前回の記事のソースコードでは3 属性の取得方法を学ぼう4 まとめ 今回のSeleniumについて、記事を書いていきます。 下記の記事の続きなので、まだ見ていない ...

続きを見る

自動化の関連記事はこちら

-自動化

X