自動化

Selenium使用時に、エラー:「OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」と「OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException: element not interactable」の解決方法1

今回のテーマ

こんにちは、かっぱちゃんです。

今回は下記のテーマについて書いていきます。

今回のテーマ

OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」と「OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException」が発生する理由と解決方法

OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」と「OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException」はSeleniumを使う上でどうしても発生してしまいます。

今回はこのエラーの解決方法を書いていきます!

Seleniumを使う環境が整っていない方はこちら

CHECK

Microsoft Edgeを自動化してみよう1

まえがきContents1 まえがき2 Seleniumの準備3 ブラウザの表示の仕方4 googleでの検索方法5 まとめ はじめまして、かっぱちゃんです! これからC#のSeleniumの使い方に ...

続きを見る

Seleniumの操作方法の説明は下記に記述しております。

CHECK

Microsoft Edgeを自動化してみよう3

まえがきContents1 まえがき2 今回学ぶメソッド3 FindElementByClassName4 FindElementById5  FindElementByName6 Close7 Ba ...

続きを見る

自動化関連の記事はこちらにまとめてあります。

自動化の関連記事はこちら

OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException」と「OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」エラーについて

OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」エラーが発生する理由は

そもそも属性が存在しないよ。

と怒っています 😈 

OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException」エラーが発生してしまう理由は、

属性はあるけど、取得できないよ!

と怒っています 😈 

KappaChan
2つ共エラーが似てるから、理解するのに苦労したかっぱ!

「OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」が発生するソースコード例

例として、「OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」が出るソースコードを書いてみました。

Deepl翻訳を開くソースコードです。下3行はgoogleの操作を実行しようとしています。

 出力結果
OpenQA.Selenium.NoSuchElementException: 'no such element: Unable to locate element: {"method":"css selector","selector":"*[name="q"]"}

OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」が出力されましたね!!

このエラーが発生する理由は、

Deepl翻訳のホームページ上には、Googleの検索テキストボックスの属性が存在しないからです!

このエラーは正しい属性を指定してあげれば直りますので、修正してあげてください!

このまま、ごり押しても怒られ続けます!諦めて別の属性の指定方法を試しましょう!!

OpenQA.Selenium.element not interactable」が発生するソースコードの例と解決方法

続けて、「OpenQA.Selenium.element not interactable」が発生するソースコードの例を書いていきます。

 command
OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException: 'element not interactable'

エラーが発生しました!

このエラーが発生する理由は「Google検索」のボタンが何かしらの理由で画面上に表示されていないのが理由です。

このエラーが発生する場合は、下記の3つの方法を試してみてください。

ポイント

  • 画面を最大化する。
  • スクロールを合わせる。
  • 一つのアクション後に一定時間処理を空けてみる。

今回は1番目の画面を最大化する方法で解決してみます。

出力結果:yahooの検索画面

エラーが発生せずにyahooの検索画面が表示されました!

これはブラウザを最大化することによって、「Google検索」ボタンがブラウザ上に表示されたからです。

OpenQA.Selenium.element not interactable」が発生した場合は、焦らずに上記のことを試してみてくださいね!!

まとめ

今回は「OpenQA.Selenium.NoSuchElementException」と「OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException: element not interactable」の解決方法を書いていきました。

エラーの発生理由

エラーがでる理由

  • OpenQA.Selenium.NoSuchElementException:指定した属性がそもそも存在しない。
  • OpenQA.Selenium.element not interactable:属性が存在するが、ブラウザ上に表示されていない。

解決方法

解決方法

  • OpenQA.Selenium.NoSuchElementException:正しい属性を指定してあげる。
  • OpenQA.Selenium.element not interactable:下記の3つを試して、ブラウザ上に表示されるようにする。
  • 解決方法

    • 画面を最大化する。
    • スクロールを合わせる。
    • 一つのアクション後に一定時間処理を空けてみる。

今回はSeleniumのエラーについて纏めました。この記事を見て、少しでも役に立てたら光栄です。

最後まで、見て頂きありがとうございました!!

KappaChan
今回の記事はここまでかっぱ!

次回の記事

CHECK

DeepL翻訳を自動化しながら、Seleniumの「OpenQA.Selenium.ElementNotInteractableException: element not interactable」エラーを対策してみる。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 前回の記事のおさらい3 Deepl翻訳のソースコード4 スクロールバーを移動するソースコード5 一定時間処理を空ける方法 こんにちは、かっぱちゃんです。 ...

続きを見る

 

おすすめの記事

CHECK

C# Seleniumを使用して、ポケモン攻略の種族値一覧を取得し、CSVに書き込んでみた。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 取得するポケモンの表のタグ名を確認する3 ポケモンの種族値一覧を取得するソースコード4 取得した文字列をリストに整形5 CSVファイルに書き込み6 全て ...

続きを見る

 

自動化の関連記事はこちら

プログラミングを一人で独学をするならプロからオンラインで教えてもらいましょう!10倍効率いいです!!

数多くあるプログラミング教室の中で2つのオンライン教室を厳選しました!どちら共、エンジニアとしての就職までサポートしてくれる本当にオススメの教室です。個別相談は完全無料です!!

カウンセリングは完全無料!未経験でITエンジニアを目指したい方にオススメ!

Webエンジニアになりたい方にオススメ!個別相談は無料!

KappaChan
オンラインのプログラミング教室は本当にオススメかっぱ!!

新しいサイト作りました。アニメのまとめサイトです。

レインボーリアルタイムTwitter(アニメ版)

レインボーリアルタイムTwitter(映画版)

-自動化

X