自動化

C# Seleniumを使用してDeepl翻訳を自動化してみた

まえがき

こんばんは、かっぱちゃんです。

今回は下記のテーマです!

今回のテーマ

SeleniumによるDeepl翻訳の自動化

今回の記事では、プログラム上に文字列を用意し、翻訳結果の文字列を受け取るまでを

実現していきたいと思います。

下記の記事にもSeleniumについては解説しているので、ぜひよんでください!

CHECK

Microsoft Edgeを自動化してみよう1

まえがきContents1 まえがき2 Seleniumの準備3 ブラウザの表示の仕方4 googleでの検索方法5 まとめ はじめまして、かっぱちゃんです! これからC#のSeleniumの使い方に ...

続きを見る

KappaChan
読んでみて!!

では、早速初めていきます!

自動化の関連記事はこちら

合わせて読みたいC# Linqを勉強するならこれだけは読んでほしいオススメの本3選 オススメの参考書

C#を勉強するためのオススメの本を紹介Contents1 C#を勉強するためのオススメの本を紹介1.1 C#の基礎を学ぶなら「やさしいC#」1.2 C#の全体像を学ぶなら「独習C#」1.3 C#をさら ...

続きを見る

Deepl翻訳サイトを開く

まずはDeppl翻訳サイトを自動的に開いてみましょう。

下記のソースコードを作成してください。

上記のコードを実行すると、Deppl翻訳を開けます。

テキストエリアへの文字列入力

続けて、翻訳前のテキストエリアに文字列の入力をしてみましょう。下記のソースコードを実行してみてください。

KappaChan
翻訳前テキストにappleが入力されたよ!

16行目のソースコードを追加しました。翻訳前テキストエリアに文字列を入力してみます。

deeplサイトによって、自動的に翻訳後の結果も表示されると思います。

自動化の関連記事はこちら

翻訳後の言語を指定

翻訳したい言語をクリックしてみましょう!今回はドイツ語を選択してみます。

下記のソースコードを実行してください。

17行目のtranslate_toのClickで画面上の訳文ラベルをクリックしていています。

18行目でドイツ語を選択しています。

自動的にドイツ語に変換されたと思います。

翻訳後テキストの取得

最後に翻訳後の内容を取得してみましょう。下記のソースコードを実行してみてください。

22行目で翻訳後の文字列を取得しています。GetAttributeで"textContent"を指定すると、文字列を取得できるので、ぜひ覚えて下さい。

 result
apple
Apfel
KappaChan
翻訳後の文字列が取得できたね!!

以上で、今回の記事は終了とします。お役に立つことが出来たのなら幸いです。

自動化の関連記事はこちら

プログラミングを一人で独学をするならプロからオンラインで教えてもらいましょう!10倍効率いいです!!

数多くあるプログラミング教室の中で2つのオンライン教室を厳選しました!どちら共、エンジニアとしての就職までサポートしてくれる本当にオススメの教室です。個別相談は完全無料です!!

カウンセリングは完全無料!未経験でITエンジニアを目指したい方にオススメ!

Webエンジニアになりたい方にオススメ!個別相談は無料!

KappaChan
オンラインのプログラミング教室は本当にオススメかっぱ!!

新しいサイト作りました。アニメのまとめサイトです。

レインボーリアルタイムTwitter(アニメ版)

レインボーリアルタイムTwitter(映画版)

-自動化

X