Blog Linq

C#のシステム改修で本当にあった怖い話 ステップ数で見積もるからこんなことになる編 IT業界志望している方は是非みてね

今回のテーマ

こんにちは、かっぱちゃんです。

今回のテーマは下記について書いていきたいと思います。

今回のテーマ

C#のシステム改修をステップ数で見積もることが愚かな話

今回は未だに多いステップ数での見積りについて愚痴っていきます。

「それって、あなたの感想ですよね。」って言われればそれまでですが、

最後まで見て頂ければ、幸いです!私の過去の鬱憤晴らしの記事でもあります!! 😈 

KappaChan
今回はプログラムのステップ数の見積りの見解を述べるだけかっぱ!

C#のシステム改修で本当にあった怖い話

この話はノンフィクションです。私が某メーカー系のプロジェクトで働いていた時の出来事です。

*******ここから本当にあった怖い話*******

上司はシステムに機能追加するためのステップ数を見積りました。

私は機能追加の開発を担当しました。

私のソースコードは見積もったステップ数を満たしませんでした。

上司「どうしてステップ数満たさないの?」

私「ラムダ式やLinqを使ってステップ数を抑えました!」

上司「よくわからないけど、ステップ数を満たさないと顧客に詰められるから困るんだよね。実装し直して。」

私は上司にそのように言われて呆然としました。

ステップ数を満たすために無駄なソースコード(結果が同じになる)を実装するために残業しましたとさ。

めでたしめでたし。

*******ここまで本当にあった怖い話*******

KappaChan
このシステム改修は今でもかなりのトラウマかっぱ!!

他のブログ記事はこちらにあります。

他のブログ記事はこちら

ステップ数見積りのメリット

良かったことは日本のIT業界ってこんなもんなんだなーって教訓が得られたことですかね 😈 

ステップ数での見積りが便利な所は下記だと思ってます。

ステップ数での見積りのいい所

  • プログラミングのプの字も分からない顧客を説得しやすい。
  • 簡単に見積もることができる
  • 試験予定数も簡単に出せる

まぁ、簡単なんですよね。

 

「この機能を追加するには、これくらいのステップ数が掛かるからお金これくらい頂戴!!」って言いやすいんですよね!

だから、ステップ数が満たなかった場合には、プログラミングのプの字も分からない顧客から

なんでステップ数が見積りより少ないんだ!!と詰められると^^;

C#の開発でステップ数を見積ることが愚かな理由

続いて、C#の開発でステップ数を見積もることが愚かな理由を私の所感で書いていきます。

Linqやラムダ式の使い方をマスターしている方は分かっていると思います。

ソースコードを載せれば明確ですね。二つのソースコードを書きます。

配列から文字列の長さが8以上のロボット名を抽出するソースコード

  • for文を使った例
  • Linqを使った例

まずはfor文を使った例です。

for文を使った例

 出力結果
Rollchan
Quickman

次はLinqを使った例です。

Linqを使った例

 出力結果
Rollchan
Quickman

二つの例を書いていきました。出力結果も同じで目的を達成できています。

次にそれぞれステップ数をみてみましょう。

for文:16行

Linq:13行

なんていくことでしょう!!

Linqの方がステップ数が少ないのです!!

for文で開発したほうがバグも出やすいし、分かりにくいのに!!!

C#でのステップ数見積りは結論から言うと、下記のようになります。

結論

繰り返し文にLinqを使用しない方が単価が高い!!

C#を勉強すればするほど損するなんて!!許せない!! 😈 

以上です 😳 

何年か前の鬱憤です 😳 

KappaChan
書いてて気持ちよかったかっぱ!

まとめ

今回はC#プログラミングでステップ数で見積もることが愚かな話をしました。

C#に限らず別の言語でもステップ数の被害者となる若きSEは沢山いると思っています。

プログラムの勉強熱心な人が書いたソースコードのほうが単価安いなんておかしいですもんねー。

そのような同じ境遇の方がみてくれていれば幸いです。

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

KappaChan
最後まで鬱憤晴らしの記事を読んでくれてありがとうかっぱ!

次の本当にあった怖い話を書きました。良ければみてください!

参考C#のシステム改修で本当にあった怖い話2 全ての行のソースコードにコメントを書くために残業しました編 IT業界志望している方は是非みてね

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 本当にあった怖い話(ソースコードレビュー1回目)3 本当にあった怖い話(ソースコードレビュー2回目)4 本当にあった怖い話(ソースコードレビュー3回目) ...

続きを見る

他のブログ記事はこちらにあります。

他のブログ記事はこちら

-Blog, Linq

X