Linq

C# Linqの使い方。要素の初期化方法2選。Repeat、Rangeについて解説。

今回のテーマ

こんばんは、かっぱちゃんです。

下記の記事の続きです。今回もLinqのメソッドを紹介してきます。

CHECK

C# Linqの使い方。Distinct、OrderBy、OrderByDescendingメソッドを解説。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 Distinct、OrderBy、OrderByDescendingについて2.1 Distinct2.2 OrderBy2.3 OrderByDesc ...

続きを見る

今回のテーマ

Linqの初期化メソッド、Repeat、Rangeについて解説します。

今回は上記の2つのメソッドについて解説します。

配列やリストの初期値設定もLinqなら簡単かっぱ!
KappaChan

他のLinqの記事についてはこちら

Repeat、Rangeについて

Repeat

引数で指定した要素分同じ値を設定します。

Range

引数で指定した要素分連続した数値を設定します。

KappaChan
Linqの初期化方法は簡単かっぱ!

Linqメソッドの解説の流れ

下記の流れで説明したいと思います。

行いたい処理の例を書きます。

Linqを使用しない書き方と使用する書き方のソースコードを書いていきます。

ソースコードには、配列とリストを使います。

Repeatの使い方

Repeatの使い方について、例を書いていきます。

まずはRepeatの使い方を解説するかっぱ!!
KappaChan

行いたい処理

配列、リストの全ての要素に初期値0を設定したい。

Linqを使用しない例

配列に初期値を設定したいときは上記のようなソースコードになります。

続けて、リストも見てみます。

リストは上記のようにすれば初期値を設定することができます。

このような初期値の設定もLinqを使用すれば簡単にできます。

早速見てみましょう。

Linqを使用する例

上記のように1行で実現できます。第1引数が初期化したい値、第2引数が要素数です。

リストに関しても同じようにできます。

リストにする方法はToList()にするだけです。Linqの初期化は本当に簡単なので、覚えましょう!

Range

続けてRangeの使い方の例を見てみましょう。

行いたい処理

初期値を連続した値で設定したい。

Linqを使用しない例

こんな感じにすれば連続した初期値を設定できます。

次はLinqを使った例をみてみましょう。

Linqを使用する例

 result
1
2
3
4
5

上記のように値を設定することができます。第1引数は連続する値の初期値で、第2引数は要素数です。

あまり使う事はないと思いますが、テストとかに使用する場面があるので、覚えておいて損はないです。

KappaChan
初期化方法もLinqなら簡単なことがわかったかっぱ!

他のLinqの記事についてはこちら

まとめ

今回もLinqメソッドの紹介記事でした。今回の取り上げたメソッドを下記に纏めます。

今回のメソッド一覧

  • Repeat
  • Range

上記のメソッドと一緒にToArray、ToListもよく使うメソッドなので、覚えてください。

自分の好きな時に配列やリストに変換できるので、とても重宝しますよ。

今回の記事は以上です。最後まで見て頂きありがとうございました。

KappaChan
最後まで見てくれてありがとうかっぱ!

CHECK

C# Linqの使い方。ConcatとAggregateの使い方を解説します。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 Concat、Aggregateについて2.1 Concat2.2 Aggregate3 Linqメソッドの解説の流れ4 Concatの使い方5 Agg ...

続きを見る

他のLinqの記事についてはこちら

-Linq

X