Linq ファイルの読み込み書き込み

C# Linq Xmlファイルの要素の追加、削除、修正方法 Add、Remove、ReplaceWithメソッドで修正した後にSaveメソッドで保存する方法を解説します。

今回のテーマ

今回記事では、Xmlファイルの要素の追加、削除、修正し、保存する方法を解説します。

Xmlの要素を編集をしたい場合に役に立つと思うので、ぜひ最後まで読んでください。

KappaChan
今回はXmlファイルを読み込んで修正する方法を解説するかっぱ!

関連記事はこちら

2022/3/3

C# Linq Xmlファイルの要素の追加、削除、修正方法 Add、Remove、ReplaceWithメソッドで修正した後にSaveメソッドで保存する方法を解説します。

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回対象となるXmlファイル1.2 要素の追加方法1.3 要素の削除方法1.4 要素を置き換える1.5 Xmlファイルの保存1.6 まとめ 今回記事では、Xmlファイルの要素の追加、削除、修正し、保存する方法を解説します。 Xmlの要素を編集をしたい場合に役に立つと思うので、ぜひ最後まで読んでください。 KappaChan今回はXmlファイルを読み込んで修正する方法を解説するかっぱ! 関連記事はこちら 今回対象となるXmlファイル 今回は下記のXmlファ ...

ReadMore

2022/3/3

C# Linq ファイルのn番目に文字列を挿入する方法 ReadLinesメソッド、WriteAllLinesメソッドを使用してみよう!

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回使用するファイルの内容1.2 1行目に挿入する方法1.3 n番目に挿入する方法1.4 一番最後の行に挿入する方法1.5 まとめ 今回は既に内容が書き込まれているファイルに対し、指定した行に文字列を挿入する方法を解説します。 ファイルを読み込むためのメソッドと書き込むためのメソッドを一緒に使います。 この記事では、下記の行に書き込むソースコードを書いていきます。 ・1行目に書き込む方法 ・n行目に書き込む方法 ・1番最後の行に書き込む方法 それでは、や ...

ReadMore

2022/3/3

C# Linq 指定フォルダにあるディレクトリ、ファイルを列挙する1番便利な方法 Linqを使用するためにEnumerateDirectories、EnumerateFilesを使用しよう

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 列挙するディレクトリとファイル1.2 ディレクトリ一覧の取得方法1.3 ファイル一覧の取得方法1.4 まとめ   こんにちは、かっぱちゃんです。 今回のテーマは指定フォルダにあるディレクトリとファイルを列挙する方法を紹介します。 今回紹介する方法は、列挙した内容に対して、Linqを使用する方法を紹介します。 それでは、ソースコードを見ていきましょう。 列挙するディレクトリとファイル DドライブにExampleフォルダを作成し、下記のようにディレ ...

ReadMore

2022/3/3

C# Linq Xmlファイルの属性を取得する方法 LinqのSelectメソッドを使用して、簡潔にソースコードを書こう Attributeメソッド

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回使用するXmlファイル1.2 属性を取得する方法1.3 まとめ こんばんは、かっぱちゃんです。 今回もXmlファイルの読み取り方法について、解説していきます。 今回は、Xmlファイルの属性を取得する方法です。 属性の取得する方法はAttributeメソッドを使用することで取得できます。 では、ソースコードをみていきましょう。 Xmlファイルの取得に関しては、下記の記事も参考にしてください。 こちらもCHECK こちらもCHECK 今回使用するXmlフ ...

ReadMore

2022/2/24

C# Linq Xmlファイルの読み込んだ内容を保持する方法2選 匿名クラスで保持する方法とクラスを作成して保持する方法 Selectメソッドを使用すると簡単です。

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回使用するXmlファイル1.2 匿名クラスを作成して保持する方法1.3 クラスを定義して内容を保持する方法1.4 まとめ こんにちは、かっぱちゃんです。今回のテーマはXmlファイルを読み込んだ後に内容を保持する方法を解説します。 下記の2つのやり方について、解説していきます。 Xmlの内容を保持する方法 匿名クラスに内容を保持する方法 クラスを作成して内容を保持する方法 今回はLinqのSelectメソッドを使用した方法を紹介します。 Selectメソ ...

ReadMore

今回対象となるXmlファイル

今回は下記のXmlファイルを使用します。このXmlファイルに対し、内容の追加、削除、修正を行い、Xmlファイルを保存することを目的とします。

要素の追加方法

早速、Xmlファイルにクイックマンの情報を追加してみましょう。

下記のソースコードを作成しました。

 出力結果
Rockman Dr_Light Blue
Rollchan Dr_Light Pink
Fireman Dr_Wily Red
Iceman Dr_Wily Blue
Airman Dr_Wily Blue
Quickman Dr_Wily Red

上記のソースコードのように要素の追加方法はAddメソッドで出来ます。

引数newelementには下記の要素を設定しており、Addメソッドで要素を追加しています。

先頭に追加したい場合は、AddFirstメソッドを使用します。

要素の削除方法

要素の削除方法にはRemoveメソッドを使用します。この例のようにLinqで対象となる要素を抽出して削除することが出来ます。

 出力結果
Rockman Dr_Light Blue
Rollchan Dr_Light Pink
Iceman Dr_Wily Blue
Airman Dr_Wily Blue

条件に一致した要素を見つけ、その要素を削除しています。この例ではファイヤーマンの要素が消えています。

要素を置き換える

要素を置き換えるにはReplaceWithメソッドを使用します。ファイヤーマンをクイックマンにしてみます。

 出力結果
Rockman Dr_Light Blue
Rollchan Dr_Light Pink
Quickman Dr_Wily Red
Iceman Dr_Wily Blue
Airman Dr_Wily Blue

FirstOrDefaultメソッドで置き換える要素を抽出し、その要素に対しReplaceWithメソッドで要素を置き換えています。

FirstOrDefaultメソッドについてはこちら

こちらもCHECK

C# Linqの使い方。Count、SequenceEqual、FirstOrDefault、LastOrDefaultメソッドを解説。

今回のテーマContents1 今回のテーマ2 LinqのCount、SequenceEqual、FirstOrDefaultについて2.1 Count2.2 SequenceEqual2.3 Fir ...

続きを見る

KappaChan
Xmlファイルの編集はここまでの3つのメソッドの使い方を覚えるかっぱ!

Xmlファイルの保存

最後に修正した要素を新しいXmlファイルに保存してみましょう。

保存にはSaveメソッドを使用します。下記のソースコードをみてください。

 newRobot.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><robotlists><robotlist><name>Rockman</name>"
<maker>Dr_Light</maker>"
<color>Blue</color>"
</robotlist><robotlist><name>Rollchan</name>"
<maker>Dr_Light</maker>"
<color>Pink</color>"
</robotlist>
<robotlist><name>Quickman</name><maker>Dr_Wily</maker><color>Red</color></robotlist><robotlist><name>Iceman</name>"
<maker>Dr_Wily</maker>"
<color>Blue</color>"
</robotlist><robotlist><name>Airman</name>"
<maker>Dr_Wily</maker>"
<color>Blue</color>"
</robotlist></robotlists>

Saveメソッドでxmlの保存が出来ました。Saveメソッドの第2引数にDisableFormattingを指定すると、空白文字を取り除きます。

まとめ

今回はXmlファイルの編集方法と保存方法の解説をしました。

C#では、Linq to Xmlを使用することでXmlファイル修正が簡単にできます。

他にも使い方を紹介していくので、楽しみにしてください。

KappaChan
最後までみてくれてありがとうかっぱ!!

こちらの記事も関連しているので良ければみてください。

こちらもCHECK

C# Linq Xmlファイルの読み込み方法 Root.Elementsを使用して、Linqも使用できる型にしよう。Load、Root.Elements

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回使用するXml1.2 Xmlファイルの読み込み1.3 要素の取得1.4 Linqを組み合わせた例1.5 まとめ こんにちは、かっぱちゃんです。 ...

続きを見る

こちらもCHECK

C# Linq Xmlファイルの読み込んだ内容を保持する方法2選 匿名クラスで保持する方法とクラスを作成して保持する方法 Selectメソッドを使用すると簡単です。

今回のテーマContents1 今回のテーマ1.1 今回使用するXmlファイル1.2 匿名クラスを作成して保持する方法1.3 クラスを定義して内容を保持する方法1.4 まとめ こんにちは、かっぱちゃん ...

続きを見る

 

-Linq, ファイルの読み込み書き込み

X