自動化

C# メモ帳の起動方法 プロセスの起動とプロセスの終了

今回のテーマ

こんにちは、かっぱちゃんです。

今回は下記のテーマについてやっていきます!

今回のテーマ

メモ帳の起動方法について

今回はProcessクラスを使用して、メモ帳を起動してみましょう。

起動だけではなく、プロセスの終了時を待つメソッドなどにも触れていきます。

KappaChan
それでは、早速やっていくかっぱ!

Startメソッド メモ帳の起動

メモ帳を起動するには、Processクラスを使用します。

メモ帳のパスを指定し、ProcessクラスのStartメソッドを実行することで、起動できます。

ソースコードを見てみましょう。

このソースコードを実行すれば、メモ帳が表示されたと思います。

もし実行されなければ、パスの問題と思いますので、notepad.exeがあるフォルダを探して、

パスを書き換えましょう。

Processクラスを指定するには、System.Diagnosticsを指定しなければなりません。

WaitForExitメソッド プロセスの終了を待つ

続けてプロセスの終了を待つメソッドWaitForExitメソッドに触れていきます。

メモ帳では分かりにくいですが、処理の制限時間が設けてあるアプリを起動した時などに使われます。

下記のソースコード例をみてください。

 出力結果(5秒以内にメモ帳を閉じた場合)
5秒以内にプロセスが完了しました
 出力結果(5秒経ってもメモ帳を起動したまま)
5秒経ってもプロセスが終了しません

このソースコードでは、WaitForExitメソッドの引数を5000ミリ秒(5秒)としています。

5秒間以内にメモ帳が閉じられた場合はif文内の処理が起動します。

時間内終わらない場合は、WaitForExitメソッドの待機時間が終了し、if文内の処理は実行されません。

KappaChan
WaitForExitメソッドは正しく終了したか監視したい場合に使うかっぱ!

ProcessStartInfoクラスを使用して細かな制御を行う

続けてメモ帳の拡大化などの制御をしてみましょう。

拡大化にはProcessStartInfoクラスを使用します。

ソースコードを見てみましょう。

上記のソースコードを実行すると、指定したファイルをメモ帳で起動し、最大化されて表示されるはずです。

Argumentsプロパティで指定したファイルをWindowsStyleプロパティで最大化を指定しています。

まとめ

今回はメモ帳の起動方法について学びました。

プロセスの起動は比較的使用する頻度が高いと思うので、是非覚えてくださいね。

以上、最後まで見て頂きありがとうございました。

KappaChan
最後までよんでくれてありがとうかっぱ!

プログラミングを一人で独学をするならプロからオンラインで教えてもらいましょう!10倍効率いいです!!

数多くあるプログラミング教室の中で2つのオンライン教室を厳選しました!どちら共、エンジニアとしての就職までサポートしてくれる本当にオススメの教室です。個別相談は完全無料です!!

カウンセリングは完全無料!未経験でITエンジニアを目指したい方にオススメ!

Webエンジニアになりたい方にオススメ!個別相談は無料!

KappaChan
オンラインのプログラミング教室は本当にオススメかっぱ!!

新しいサイト作りました。アニメのまとめサイトです。

レインボーリアルタイムTwitter(アニメ版)

レインボーリアルタイムTwitter(映画版)

-自動化

X