基本構文

【Python】基本的なPythonの使い方を学ぼう 条件分岐(if文)、ループ(for文)、関数、リスト、タプル、辞書、集合、クラス、モジュール、ファイル操作の使い方を一気に解説します。

ChatGPTのAPIを使わずに値を自動的に取得することができます。 ChatGPT4でもサブスク料金しか掛かりません。興味ある方はクリック!

Python入門:初めてPythonを触る人向け

Pythonは非常に人気のあるプログラミング言語で、初心者にも優しい構文が特徴です。
この記事では、Pythonの基本的な機能を15個紹介します。具体的なコード例を通じて、Pythonの基本的な使い方を理解することができます。

1. Pythonのインストールと"Hello, World!"

まずはPythonを使って"Hello, World!"を表示してみましょう。
Pythonのインストールは、公式ウェブサイトからダウンロードできます。インストール後、コマンドプロンプト(またはターミナル)を開いて、以下のコードを入力します。

ソースコード例

サルモリ
それだけで"Hello, World!"が表示されるんだよ!簡単だね!
 出力結果
Hello, World! 

2. 変数とデータ型

Pythonでは、整数、浮動小数点数、文字列、真偽値など、さまざまなデータ型を使用できます。
変数はデータを保存するための「箱」のようなもので、データ型によって保存できるデータの種類が異なります。

ソースコード例

サルモリ
これで、各種データ型の変数を作成して表示できるようになったよ!
 出力結果
10 3.14 Hello, World! True 

3. 条件分岐

Pythonでは、「if」、「elif」、「else」を使って条件分岐を行うことができます。
これらのキーワードを使って、特定の条件が満たされたときに特定のコードを実行することができます。

ソースコード例

サルモリ
「if」、「elif」、「else」を使えば、状況に応じた処理を書くことができるんだ!
 出力結果
x is positive 

4. ループ

Pythonでは、繰り返し処理を行うために「for」ループと「while」ループがあります。
「for」ループは、コレクションの要素を順番に処理し、「while」ループは、条件が満たされている間繰り返し処理を行います。

ソースコード例

サルモリ
ループは繰り返し処理を簡単に書けるから、とても便利だよ!
 出力結果
0回目のループ 1回目のループ 2回目のループ 3回目のループ 4回目のループ 0回目のループ 1回目のループ 2回目のループ 3回目のループ 4回目のループ 

5. 関数

関数は、特定の処理をまとめて定義し、再利用可能にするための機能です。
「def」キーワードを使って関数を定義し、関数名と括弧を使って関数を呼び出します。

ソースコード例

サルモリ
関数を使うと、同じ処理を何度も書かずに済むから、コードがスッキリするね!
 出力結果
Hello, Alice! Hello, Bob! 

6. リスト

Pythonのリストは、複数のデータを一つの変数に格納できる便利なデータ型です。
リストは角括弧([])内にカンマで区切られたデータで定義します。

ソースコード例

サルモリ
リストはデータの集まりを扱いやすくするよ!
 出力結果
[1, 2, 3, 4, 5] 

7. リストの要素へのアクセスと操作

リストの要素へはインデックス(番号)を使ってアクセスします。
また、リストには要素を追加したり、削除したりするための便利なメソッドがあります。

ソースコード例

サルモリ
リストはデータを追加したり、削除したり、特定のデータにアクセスしたりするのが簡単だよ!
 出力結果
2 [1, 2, 3, 4, 5, 6] [1, 3, 4, 5, 6] 

8. タプル

タプルはリストと似ていますが、一度作成したらその内容を変更できないという違いがあります。
タプルは丸括弧(())を使って定義します。

ソースコード例

サルモリ
タプルは内容が変更できないから、安全にデータを保持できるんだ!
 出力結果
(1, 2, 3) 

9. 辞書

辞書(dictionary)はキーと値のペアを格納するデータ型です。
辞書は波括弧({})を使って定義し、キーと値はコロン(:)で区切ります。

ソースコード例

サルモリ
辞書はキーと値の組み合わせを保存するのに便利だよ!
 出力結果
{'apple': 1, 'banana': 2, 'orange': 3} 

10. 集合

集合(set)は、順序のない一意の要素のコレクションです。
集合は波括弧({})を使って定義しますが、辞書と異なり、キーと値のペアではなく、単独の値を格納します。

ソースコード例

サルモリ
集合は重複した要素を自動的に取り除くから便利だよ!
 出力結果
{1, 2, 3, 4} 

11. クラスとオブジェクト指向

Pythonはオブジェクト指向プログラミング言語であり、クラスを使ってデータとその操作を一つにまとめることができます。
以下は、簡単なクラスの作成とインスタンス化の例です。

ソースコード例

サルモリ
クラスを使うと、プログラムが大きくなったときでも管理しやすくなるよ!
 出力結果
Fido says, 'Woof!' 

12. モジュール

Pythonでは、関数や変数、クラスなどを一つのファイルにまとめたものをモジュールと呼びます。
モジュールを使用することで、他のPythonファイルから簡単に再利用できるようになります。

ソースコード例

サルモリ
Pythonにはたくさんの便利なモジュールがあるから、探してみるといいよ!
 出力結果
3.141592653589793 

13. 例外処理

Pythonでは、エラーが発生したときにプログラムが強制終了するのを防ぐために、例外処理が用意されています。
「try-except」ブロックを使用して、エラーが発生したときの処理を定義できます。

ソースコード例

サルモリ
エラーが起きたときでも、例外処理を使えばきちんと対処できるね!
 出力結果
ゼロで割ることはできません! 

14. ファイル操作

Pythonでは、テキストファイルの読み書きが可能です。
以下のコードは、ファイルを開いて一行ずつ読み込み、その内容を表示する例です。

ソースコード例

サルモリ
Pythonでファイルを扱うときは、必ず最後にファイルを閉じること!それを忘れずにね!

15. デコレータ

Pythonのデコレータは、既存の関数やメソッドに新たな機能を追加するための機能です。
デコレータを利用することで、コードの再利用性と可読性を向上させることができます。

ソースコード例

サルモリ
デコレータは関数の前後に何かしらの処理を追加したいときに使うよ!
 出力結果
Before function call
Hello!
After function call 

まとめ

以上、Pythonの基本的な機能を15個紹介しました。
Pythonは、構文がシンプルで理解しやすいため、初めてプログラミングを学ぶ人にとっても理想的な言語です。
今回学んだ概念は、Pythonでのプログラミングの基本となるものばかりです。
これらを理解し、しっかりと使いこなすことで、より複雑なプログラムも書くことができるようになるでしょう。
この記事がPython学習の一助となれば幸いです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-基本構文

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock