JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

【JavaScript】Numberクラスの特殊数値の使い方 最大値、最小値、未定義の値、無限大の使い方

JavaScriptの特殊数値を理解する: MAX_VALUE, MIN_VALUE, NaN, そして無限大

JavaScriptには、通常の数値とは異なる特別な数値がいくつか存在します。

これらの値は、特定の計算やエラーハンドリングの際に非常に重要です。

この記事では、MAX_VALUE, MIN_VALUE, NaN, NEGATIVE_INFINITY, POSITIVE_INFINITYについて詳しく解説します。

MAX_VALUE: JavaScriptで表現できる最大の数値

MAX_VALUEはJavaScriptで表現できる最大の正の数値を示します。

これは特に大きな数値を扱う際に重要です。以下のコードはMAX_VALUEを示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、JavaScriptで表現できる最大の数値がコンソールに出力されます。

 出力結果
1.7976931348623157e+308

MIN_VALUE: JavaScriptで表現できる最小の数値(正の数)

MIN_VALUEはJavaScriptで表現できる最小の正の数値を示します。

これは非常に小さな数値を扱う際に役立ちます。以下のコードはMIN_VALUEを示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、JavaScriptで表現できる最小の正の数値がコンソールに出力されます。

 出力結果
5e-324

NaN: 「Not-a-Number」の特別な値

NaNは「Not-a-Number」を意味する特別な値で、数値として不適切または未定義の演算結果を示します。

以下のコードでは、非数値の演算を行い、その結果としてNaNが得られることを示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、非数値の演算結果としてNaNが出力されます。

 出力結果
NaN

NEGATIVE_INFINITYとPOSITIVE_INFINITY: 負の無限大と正の無限大を表す値

NEGATIVE_INFINITYPOSITIVE_INFINITYはそれぞれ、負の無限大と正の無限大を表します。

これらは数値演算がオーバーフローまたはアンダーフローした際に使用されます。以下の例では、これらの値を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、負の無限大と正の無限大の値がそれぞれ出力されます。

 出力結果
Infinity
-Infinity

これらの特別な値の使用例

これらの特別な値は、エラーチェック、数値の範囲チェック、計算結果の検証など、様々な場面で有用です。

例えば、数値が有限かどうかを判定する際にisFiniteメソッドを使用することができます。

ソースコード例



このコードを実行すると、100は有限数であるためtrueが、Infinity-InfinityNaNは有限数ではないためfalseがそれぞれ出力されます。

 出力結果
true
false
false
false

まとめ

この記事では、JavaScriptにおける特別な数値であるMAX_VALUEMIN_VALUENaNNEGATIVE_INFINITYPOSITIVE_INFINITYについて、その特徴と使用方法を解説しました。

これらの知識を持つことで、JavaScriptの数値演算をより深く理解し、適切に扱うことができます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock