JavaScript

【JavaScript】javascriptで1秒待つ、1秒後に実行、1秒ごとに実行する方法を解説します。

JavaScriptで待機時間を操作する!1秒待つ、1秒後に実行、1秒ごとに実行の方法を完全解説

はじめに

JavaScriptはウェブページを動的に操作するためのプログラミング言語です。

今回は、JavaScriptで時間を制御する方法、特に「1秒待つ」、「1秒後に実行」、「1秒ごとに実行」の3つの操作について詳しく解説します。

サルモリ
さあ、タイマーの基礎を学ぼう!

JavaScriptで1秒待つ

JavaScriptには時間を制御するための機能があります。

その中でも特に基本となるのが「setTimeout」関数です。

この関数を使うと、指定した時間だけ処理を遅らせることができます。

サルモリ
便利な関数だね!具体的にどう使うんだろう?

ソースコード例

このコードでは、まず「Start」と表示した後、1秒(1000ミリ秒)後に「1秒後」と表示します。

setTimeout関数の後にある「End」という文字列は、1秒待つ前に表示されます。

サルモリ
なるほど、setTimeout関数は非同期で動くんだね!

 出力結果
Start
End
1秒後

JavaScriptで1秒後に実行

「setTimeout」関数は指定した時間後に特定の処理を実行するために使われます。

これを使えば、「1秒後に実行」も可能です。

サルモリ
ほほう、具体的に見てみよう!

ソースコード例

このソースコードも「1秒待つ」の例と同様に、1秒後に特定の処理(ここでは「1秒後に実行」を出力)を行います。

setTimeout関数は処理を遅らせるだけでなく、特定のタスクを指定した時間後に実行することもできます。

サルモリ
便利だね!それなら定期的に何かを実行したいときにも使えそうだ!

 出力結果
Start
End
1秒後に実行

JavaScriptで1秒ごとに実行

そして最後に、「1秒ごとに実行」を行う方法です。

これは「setInterval」関数を使用します。

サルモリ
1秒ごとに何かするって、タイマーやカウントダウンなんかに使えそうだね!

ソースコード例

このソースコードでは、1秒ごとに経過時間を出力します。

そして経過時間が5秒以上になったら、setInterval関数を停止して「終了」と表示します。

サルモリ
カウントダウンタイマーを作るのにピッタリだね!

 出力結果
経過時間:1秒
経過時間:2秒
経過時間:3秒
経過時間:4秒
経過時間:5秒
終了

まとめ

今回は、JavaScriptで「1秒待つ」、「1秒後に実行」、「1秒ごとに実行」の3つの操作について解説しました。

これらの操作は、ウェブサイトの動的な操作やアニメーション、タイマーやカウントダウンなど、さまざまな場面で利用することができます。

JavaScriptの時間制御はこれだけではありませんが、これらの基本的な操作を理解していれば、より複雑な操作も可能になります。

サルモリ
今日もたくさん学べたよ!

JavaScriptの時間制御を理解し、コーディングに活かしてみてください。

これらの操作は初めての人にとっては難しいかもしれませんが、理解すれば非常に便利なツールになります。

ぜひチャレンジしてみてください!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-JavaScript

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock