JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

【JavaScript】isNaN()とisFinite()の使い方 NaNや有限数を判定する

JavaScriptでNaNと有限数を判定する: isNaN()とisFinite()の使い方

JavaScriptにおいて、数値が「Not-a-Number(NaN)」であるか、または有限数(finite number)であるかを判断することは非常に重要です。この記事では、isNaN()メソッドとisFinite()メソッドの使用方法とそれぞれの重要性について解説します。

isNaN(): 数値がNaNかどうかを判断

isNaN()関数は、引数がNaNかどうかを判断します。

この関数は、計算結果が数値として不適切な場合に非常に役立ちます。以下の例では、isNaN()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、NaNと非数値の文字列に対してtrueが、数値に対してfalseが出力されます。

 出力結果
true
true
false
サルモリ
「NaNってよく見るけど、こういうことか!計算間違いを見つけるのに役立ちそうだね!」

isFinite(): 数値が有限数かどうかを判断

isFinite()関数は、引数が有限数かどうかを判断します。無限大の数値やNaNの場合はfalseを返します。

これは、数値が有効な範囲内にあるかどうかをチェックするのに便利です。以下の例では、isFinite()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、無限大とNaNに対してfalseが、有効な数値に対してtrueが出力されます。

 出力結果
false
false
false
true
サルモリ
「数値が無限大かどうかもチェックできるんだね!これは便利だ!」

isNaN()とisFinite()の組み合わせ

isNaN()isFinite()を組み合わせることで、数値が特定の条件を満たすかどうかをより詳細にチェックすることができます。

以下の例では、両方の関数を使って数値の妥当性を評価しています。

ソースコード例



この関数は、値が実際に数値であり、かつ有限である場合にtrueを返します。

 出力結果
true
false
false
false
サルモリ
「こうやって組み合わせると、入力が本当に数値かどうかをしっかりチェックできるんだね!」

実践的な応用例

isNaN()isFinite()は、ユーザー入力の検証やデータ処理において非常に有用です。

例えば、フォーム入力のバリデーションや数値データの前処理に使うことができます。

ソースコード例



この関数は、ユーザーからの入力が適切な数値かどうかをチェックし、結果を出力します。

 出力結果
"有効な数値です"
"無効な数値です"
サルモリ
「ユーザーからの入力を確かめるのに使えるんだ!これは便利だね!」

まとめ

この記事では、JavaScriptのisNaN()関数とisFinite()関数の使い方とその重要性を解説しました。

これらの関数をうまく使えば、数値データの検証や処理をより正確かつ効率的に行うことができます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock