JavaScript

【JavaScript】配列に特定の要素が含まれているかを調べる方法 配列に含まれるか判定する方法を解説します。

【完全解説】JavaScriptで配列に特定の要素が含まれているかを調べる方法

はじめに

JavaScriptにおいて、配列に特定の要素が含まれているかを調べることは一般的なタスクの一つです。

この記事では、JavaScriptで配列に特定の要素が含まれているかどうかを確認する方法について具体的なソースコード例を交えながら解説します。

サルモリ
配列に特定の要素があるかないか、それを調べるのはよくあることだよね!

1. includes()メソッドを使用する

JavaScriptの配列には、指定した要素が配列内に存在するかどうかを確認するためのメソッドとしてincludes()が用意されています。

このメソッドは、配列に指定した要素が存在する場合はtrue、存在しない場合はfalseを返します。

ソースコード例

 出力結果
true
false
サルモリ
includes()メソッド、使いやすそうだね!

2. indexOf()メソッドを使用する

もう一つの方法として、indexOf()メソッドを使用する方法があります。

このメソッドは、指定した要素が配列内に存在する場合、その要素のインデックスを返します。存在しない場合は-1を返します。

ソースコード例

 出力結果
true
false
サルモリ
indexOf()メソッドも便利だね、何番目にあるのかも知ることができるし!

3. find()メソッドを使用する

JavaScriptでは、配列の各要素に対してテスト関数を実行し、そのテスト関数を満たす最初の要素を返すfind()メソッドも提供されています。

このメソッドを利用して配列に特定の要素が含まれているかを確認することも可能です。

ソースコード例

 出力結果
true
false
サルモリ
find()メソッド、条件を自由に設定できるから使い勝手が良さそうだね!

まとめ

この記事では、JavaScriptで配列に特定の要素が含まれているかどうかを確認する方法について解説しました。

それぞれの方法には特性と使用シーンがあるので、状況に応じて適切なメソッドを選択しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役に立てたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-JavaScript

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock