JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

【JavaScript】四捨五入、切り上げ、切り捨て、整数部分を取得する方法

JavaScriptで数値の四捨五入、切り上げ、切り捨て、整数部分の取得をマスターしよう

JavaScriptにおいて数値を扱う際、四捨五入や切り上げ、切り捨て、整数部分のみを取得する処理はよく使われます。

この記事では、Math.round(x)Math.ceil(x)Math.floor(x)Math.trunc(x)というJavaScriptの数値処理メソッドについて詳しく解説します。

Math.round(x): 数値の四捨五入

Math.round()メソッドは数値を最も近い整数に四捨五入します。

金額の計算や統計データの整理などに使用されます。以下の例では、Math.round()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、指定された数値が四捨五入された結果が出力されます。

 出力結果
2
3
-2
サルモリ
「四捨五入ってよく使うけど、負の数での挙動が面白いね!」

Math.ceil(x): 数値の切り上げ

Math.ceil()メソッドは数値を切り上げて、次の最大の整数を返します。

例えば、予算計算や在庫数の計算に使われます。以下の例では、Math.ceil()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、指定された数値が切り上げられた結果が出力されます。

 出力結果
3
-2
サルモリ
「切り上げはプラスの数値では大きく、マイナスでは小さくなるのね!」

Math.floor(x): 数値の切り捨て

Math.floor()メソッドは数値を切り捨てて、次の最小の整数を返します。

これは、小数点以下を無視したい計算や、単純な下方向の丸め処理に使われます。

以下の例では、Math.floor()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、指定された数値が切り捨てられた結果が出力されます。

 出力結果
2
-3
サルモリ
「切り捨ても負の数では意外な結果になるんだね。計算するときに注意が必要だね!」

Math.trunc(x): 整数部分のみを取得(切り捨て)

Math.trunc()メソッドは数値の整数部分のみを取得します。これは、小数点以下を単純に無視したい場合に特に便利です。

以下の例では、Math.trunc()の使用方法を示しています。

ソースコード例



このコードを実行すると、指定された数値の整数部分が取得された結果が出力されます。

 出力結果
2
-2
サルモリ
「整数部分だけ取り出すのに使えるのね。これはシンプルでわかりやすい!」

まとめ

この記事では、JavaScriptにおける数値の四捨五入、切り上げ、切り捨て、整数部分の取得方法について詳しく解説しました。

これらのメソッドをうまく使えば、数値の丸め処理やデータ整形を柔軟に行うことができます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-JavaScriptのよく使用するメソッド一覧

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock