Javaの型、変数、定数

【java】long型のnullを判定する方法を徹底解説

Javaのlong型とは

Javaプログラミングでは、データ型を正しく理解し使用することが重要です。

この記事では、long型とそのnull判定方法に焦点を当てます。

Javaのデータ型:longとLongの基本

Javaにはプリミティブ型と参照型があり、longはプリミティブ型、Longはそのラッパークラスです。

long型の使用例と出力結果

以下は、long型の変数を宣言し、値を出力するサンプルコードです。

ソースコード例(long型)



 出力結果
数値:123456789

Long型のnull判定方法と出力結果

Long型の変数がnullかどうかを判断するには、単純なnullチェックを行います。

ソースコード例(Long型のnull判定)



 出力結果
nullableNumberはnullです。

実践的なnullチェックのサンプルコードと出力結果

以下は、実際のプログラムでLong型のnull判定を行う方法の例です。

サンプルコード例(実践的なnullチェック)



 出力結果
nullableNumberはnullです。

サルモリさんによる解説

Javaでは、プリミティブ型はnullを持つことができませんが、そのラッパークラスはnullを持つことが可能です。

サルモリ
サルモリさん「プリミティブ型のlongはnullを許容しないけど、ラッパークラスのLongはnullを持てるんだよ!」

まとめ:Javaでのlong型とLong型のnull判定の重要性

Javaにおけるlong型とLong型の適切な理解と使用は、エラーハンドリングとプログラムの安定性に寄与します。

特にnullチェックは、NullPointerExceptionを回避するために重要です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-Javaの型、変数、定数

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock