Javaの型、変数、定数

【java】integerとintの違いについて徹底解説!

Javaのintegerとintの違いの理解

Javaプログラミングにおいて、データ型の理解は非常に重要です。

この記事では、特に「int」と「Integer」の違いに焦点を当て、それぞれの特徴と使い方を解説します。

Javaのintegerとintの基礎

Javaには主に2種類のデータ型があります:プリミティブ型と参照型。

intはプリミティブ型に、Integerは参照型に分類されます。

int型の特徴と使用例

intはJavaの基本的なプリミティブ型で、整数を格納するために使用されます。

以下にint型の使用例を示します。

ソースコード例(int型)



Integer型の特徴と使用例

Integerはintのラッパークラスで、オブジェクトとして整数値を扱います。

以下にInteger型の使用例を示します。

ソースコード例(Integer型)



intとIntegerの主な違い

intとIntegerの間にはいくつかの重要な違いがあります。

intはプリミティブ型で、Integerはintのラッパークラスであり、オブジェクトとして扱われます。

ポイント:intとIntegerの違い

メモリ使用量:intは少ないメモリを使用し、Integerはオブジェクトとして追加のメモリを必要とします。

Null許容:intはnullを許容しませんが、Integerはnullを許容します。

intとIntegerの変換方法

int型とInteger型を相互に変換することは、Javaプログラミングでは一般的です。

以下に変換方法を示します。

 

step
1

intからIntegerへの変換

 

step
2

Integerからintへの変換

まとめ:intとIntegerの効果的な使用

JavaにおいてintとIntegerの違いを理解し、それぞれを効果的に使用することは、プログラミングスキルの向上につながります。

それぞれの特徴と適切な使用状況を把握することで、より効率的なコードを書くことが可能になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役にたてたなら幸いです!

サルモリ
最後まで読んでくれてありがとう!!

-Javaの型、変数、定数

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock